メニューに戻る

数学情報館

(①テレビ番組・You Tube ②新聞・本・雑誌 ③数学の各種研究会のお知らせなどの情報をお送りします。)

「数学情報館」に載せるにふさわしい情報がありましたら
(管理人:takenakaアhm.aitai.ne.jp←アは@に直してください)まで
メールをください。

本の紹介

 10月22日(金)に西三数学サークルオンライン例会で
 瀬山先生(群馬大学名誉教授)が紹介されたおすすめ
 の本です。

1 「光秀の定理」垣根涼介 角川文庫
  光秀がガウスの方法で1~10までの和を即答など
  数学をネタにした時代小説。

2 「解きたくなる数学」 佐藤雅彦 岩波書店
  計算とは一味違う面白い問題集。

3 「数字であそぼ」絹田村子 小学館
  数学ネタの漫画ですが、なんと「デデキントの切断」
  の話が出てきます。

 本の紹介

「アルキメデスの驚異の発想法 数学と軍事
上垣 渉 著  
 集英社インターナショナル 946円


 岐阜聖徳学園大学で行われた数教協全国大会の実行委員長上垣
渉先生の新著が集英社インターナショナルより上梓された。20
ほど前に日本評論社より「アルキメデスを読む」を著しているが、
今回はアルキメデスの数学的な面だけでなくてローマ軍の侵略から
祖国シラクサを守る「応用数学者、数理科学者、エンジニア」の姿
を紹介している。(少し物騒な感じのするサブタイトルは祖国防衛
戦に使われた「兵器」製造に彼の数学が使われたことによるらしい)

数学を現実世界に通用するために、〈豊かな発想力〉〈 優れた直
観力
〉〈透徹した論理・論証力〉〈厳密な計算力〉〈職人的な技術
力〉という5つの力を兼ね備えた人として
当時の時代背景とともに
おなじみの彼の数学のエピソードが分かりやすい図と数式で述べら
れている。

アルキメデスは授業で知っている数学者の名前を挙げてもらうと
生徒から真っ先に名前のあがるひとり。「お風呂で浮力の法則を見
つけた人」だけでなく、広がる数学の力を紹介できる本。(HIRO

 


 

 構想30年 和田 博 著(数学の学び資料館発行) 

『ベクトルの回転演算子 複素数・四元数・…』
               2700円(
送料無料
 本書の目的は
 『「複素平面上の“ベクトル”の、複素数による回転」と「3次元空間内の“ベクトル”の、
四元数による回転」を同一の演算原理で統一して記述すること』であり、そしてさらに
『「n次元ユークリッド空間内のベクトルの、回転演算子による回転」として一般化する
こと』である。
 また、それによって、「3次元空間内の“ベクトル”の、四元数による回転」の意味を明
確にすることができる。

 n次元空間において、回転平面ごとに「回転演算子」を定義すれば、それらが可能と
なる。その「回転演算子」は「回転平面」を複素平面とするときの複素数である。

  「回転演算子による、ベクトルの回転演算」の概要こちら

 ご注文は下記までメールを下さい。
 takenakaアhm.aitai.ne.jp←アは@に直してください 
 
 「西三数学サークル通信 第8集」 発売 1000円
 2014年5月~2017年4月までのサークル通信をまとめたものです。

「西三数学サークル 電子化本」   500円
 新たに「西三数学サークル通信 第7集、第8集」も入って、全部で
16冊の本がPDFファイルとして入っています。
                                

 注文先・送料等は「サークルの書籍紹介」のページをご覧
ください。

 
「遠山啓  行動する数楽者の思想と仕事」
         友謙清治 編著(太郎次郎社エディタス3000円)

  メニューに戻る