メニューに戻る

        

竹ちゃんミニ通信(1)(00/03/12-01/06/29)  竹ちゃんミニ通信(2)(01/07/04-02/02/10 
竹ちゃんミニ通信(3)(02/02/23-02/12/12) 竹ちゃんミニ通信(4)(03/01/01-03/07/31) 
せいさんミニ通信(1)(03/01/01-03/06/30) せいさんミニ通信(2)(03/01/01-02/06/30)
せいさんミニ通信(3)(07/01/01-07/11/17)   せいさんミニ通信(4)(08/01/01-09/10/11) 
せいさんミニ通信(5)(09/10/12-15/12/31)  せいさんミニ通信(6)(15/1/1-18/3/11) 

   

            

2018.12.7   この頃の読書

 ひところBOOKOFFで購入した故宇江佐真理の文庫本(66冊出ているらしいがそのうち32冊が
本棚にある。伊佐次シリーズはサークルのTさんよりいただいたもの)を読み漁っていたが、新し
い本が少なくなってきたので推理小説に触手を伸ばした。しかし、文体や構成に乗り切れず、
睡眠導入剤の代わりとなるものが多い。
 その中でおもしろかったものが鏑木蓮「炎罪」(講談社刊)。主人公は定番の女性刑事だが、
貧困家庭の被疑者の娘は無料塾に通う女子高生、そして司法試験を目指す塾の講師(この
やりとりがていねいな描写)、そして刑事をサポートする精神科医、被害者も自傷患者専門医
など登場・・社会の今日的テーマを描いた作品となっている。そして興味を引いたのは、帯に
添えられていた歌、「思い出を閉じれば脳のうらがわに幾重にも梅の香りがひらく」。
 セーラー服の歌人・鳥居の歌である。別の所で紹介されていた鳥居の歌をもうひとつ
「孤児院にサンタクロースの服を着た市長あらわれ菓子をばらまく」    (HIRO)

2018.11.26  パワーポイントと数学の授業

2018.11.13   素数の歌

2018.10.19  1000円札の番号

 

2018.8.2 Eテレで三川一夫さん夫婦愛放映

 27日放送のEテレ・ハートネットTVに三川一夫夫妻が登場した。
「認知症になっても夫婦愛で奏でるアベ・マリア」のテーマで。
 三川さんは「数学教室」に2012年から連載「算数数楽おもちゃ箱」
の執筆をされていた。「数学教室」では、送られてくる原稿の図版
作成など編集にも携わっていたとも伺ったことがある。そのおり原
稿書きのアドバイスもしてもらった。
 テレビではテーマからして数学教師の姿は映されず、ピアノ教師
であった奥様に音楽で寄り添う三川さんの夫婦愛が暖かく描かれ
ていた。
 実は、お二人は数教協の大会にもいっしょに参加してみえ、私も
夜のグループでの呑み会でも同席させてもらったことがあった。
テレビで夫人を優しくサポートする姿がそのときを思い出させた。
再放送が来週10月4日13時からEテレである。(HIRO)

   

2018.8.20   今夏もっとも有名(?)となった1次関数y=0.8x20

 正確には次の3点セット
    xは実際の得点として 
    y1=0.8x      (y1は女子及び男子4浪以上の受験者用の得点)
    y2=0.8x+10    (y2は男子3浪受験者用の得点)
    y3=0.8x+20    (y3は1,2浪および現役の、男子受験者用の得点)
 
 こんな差別的な使われ方をしては、この1次関数が泣く。
かつて聞いたことがあるこの関数の似て非なるあたたかな使われ方は、定期テスト
の赤点の救済の関数として。そう、+20はがんばって授業を聞いていたという平常
点。(HIRO)

2018.8.19   大阪学テで教員給与差別でネットで反対署名15000

全国学力テストの結果を、教員の手当や人事評価に反映させるとした大阪市の吉村洋文
市長の提案が波紋を広げている。平均正答率が20政令市中で最下位に低迷、「結果に対し、
責任を負う制度にすべきだ」と訴えるが、専門家や市民は「あまりに短絡的」と猛反発。撤回
を求める電子署名には、約1万5300筆(17日現在)が集まった。(毎日新聞報道)
・・・私も署名しました。(HIRO)

2018.8.5   「ベクトルの回転演算子」 発刊

2018.7.19  新高校数学指導要領解説

 3月30日告示された高校指導要領の解説が文科省から出た。小中と同様高校も大部化した。
現行の解説と量的な比較するとほぼ倍化。[( )内は現行]
全体 141p(←72p)内訳では
総説 31p (←18p) 科目99p (←47p) 内容取り扱い11p (←7p)
文科省のHPから閲覧可能。解説の「解説」はまた2学期の例会にでも。(HIRO)

2018.7.1  7月2日は何の日・・・半夏生

2018.5.30 内川英雄先生、ご逝去


 内川先生が4月19日、93歳でご逝去されました。

 内川先生は故小林昭先生と岡崎北高校で 同僚でした。その後、岡崎高校を経て、鳥取大学に赴任、名城大学に
戻られたあとにはお住まいが安城ということもあり西三数学サークルにも参加され、専門の物理教育の立場から数学
の授業にも貴重な助言をいただきました。
 1994年の3月に岡崎勤労福祉会館で行われた西三数学サークルの合宿研究会(岐阜物理サークルとのジョイント
研究会であった!!)では「私と物理教育」という演題で講演、1997年3月にも刈谷勤労福祉会館で「私が出会った
数学・・・物理教師40余年の歩みから」の演題で講演いただきました。

 ご冥福をお祈りいたします。

 合宿研究会の内容については こちら をご覧ください

2018.5.25   5月25日「数学の学び資料館」の設立

 長野の和田さんがいよいよ数学教具教材館の計画を具体化して、「数学の学び資料館」として、
運営の主体となるNPO法人を設立する。「教師、学生、生徒、一般市民」に対して「算数・数学を
楽しくわかる学びのための教材・教具の資料収集・保管・公開し、“算数・数学の学び”を支援する」
(法人の定款より)事業体が生まれることは活動の第一歩と思う。西三からも何人かの人が書籍、
資料の委託を行ってきた。
 実際の開館は11月17日(土)の予定で少し先。所在地は長野県千曲市若宮 戸倉上山田温泉
のすぐ近く、温泉も楽しめます。 (HIRO
 
 

2018.4.21   数学短歌・・・「数学セミナ」で連載開始

 この4月号から「数学セミナ」で「数学短歌」の連載が始まった。
選者は永田紅(歌人・京大助教)+横山明日希(数学お兄さん)。

 永田紅氏の歌が紹介されていた。

 1107と1103を今日はよく見かけて川端通りを上がる
読み方は??? 

朝日歌壇(2015.12.13)で以前見かけた一首。

ゆずの香の雨ふる午後の教室に微分積分二度目の追試  (八幡浜市 大下まゆみ)

2018.4.10  高畑勲さん4月5日逝く

  4月6日朝逝去の報道で知る。高畑さんの生の講演はちょうど4年前愛高教の
新任教員歓迎行事で伺った。その折、第2部のウエルカムパーティーにも参加さ
れ、西三数学サークルのブースにも立ち寄られた。(ミニ通信2014.4.6付掲載)
 映画「おもひでぽろぽろ」(1991年)は27歳のOLタエ子が旅に出かけ、10歳の
小学生時代の生活の思い出の幾つかを振り返るアニメ。思い出のひとつ《算数
嫌いの原因・・・分数の割り算はなぜひっくり返してかけるのか」に悩んだことが
ていねいに描かれていたこと》が、数あるある名シーンから蘇ってきた。気にな
る方はDVDで。ちなみに13日には追悼番組で「火垂るの墓」が上映されます。
例会日ですが。(HIRO)